Adobe MAX Japan 2017 での二つのセッションが面白かった

2017年11月28日(火)パシフィコ横浜にて開催された
Adobe MAX Japan 2017に行ってきました。

Adobe MAX Japanとは

クリエイターが主役になる日と題して
クリエイターのクリエイターによるクリエイターのための
Adobe主催のイベント。。。と言ったところでしょうか。

日頃Adove関連のアプリに関するブログや書籍で
便利な情報を教えてくれるクリエイターさんが集結し
ここでしか聞けないセッションを行ってくれるのです。
しかも参加費は事前登録すれば無料!

私が参加したセッションはふたつ。
その感想をお伝えしたいと思います。

ベテランほど知らずに損してるPhotoshop
スピーカー:鷹野 雅弘 氏 / 三浦 将 氏

鷹野さんのセッションは初めてでしたがとても分かりやすく
要点がまとめられていて聞きやすかったです。

セッションの内容は「いかに画像修正を非破壊のままで進めていくか」
といったもので、レイヤーマスクやスマートオブジェクトを
利用した作業の進め方を学びました。
普段画像修正を指示する側の自分にとってはありがたい内容でした。

三浦さんのセッションは主にPhotoshopをWEBデザインで
使用する際に便利なTips、といった内容でしたが
CS6でこれだけ手間のかかっていた作業が最新のverでは
こんなに簡単にできます!といった切り口からの説明で
普段WEBとは関わりのない私でも飽きることなく聞けました。

三浦さんはDearpsというPhotoshopのTipsサイトにて
自作のエクステンションを紹介している方で、
このセッションでもそのエクステンションを使用した
便利なWEBサイト編集の方法を教えてくれました!
こんなに簡単にさくさくサイト運営ができるなら
これからWEBの勉強も始めたい・・・と思うほどでした。

■宇多田ヒカルの言葉
~ファンとの新しいコミュニケーションのとり方~
スピーカー:梶 望 氏 / 上東 鷹介 氏 / 川本 拓三 氏 / 佐藤 シメオン 氏

このセッションはフォント製品を扱う大手、
株式会社モリサワをスポンサーとして行われたものでした。
宇多田ヒカルがレーベルを移籍して
アルバム「Fantôme」をリリースするまでのプロモーションや
歌詞サイトを通してのファンへのアプローチ方法など
普段は聞けない内容ばかりで刺激的でした。

宇多田ヒカルを聞いて育ってきた私には衝撃的だったのが、
「約8年活動を休止していた彼女の復帰アルバムを
世間に売り込むにあたって弱点となるのが10代ファンの少なさ」ということでした。
確かに、活動休止前からのファンは20代になっているのが大半とは思われますが…
今の10代はもう当たり前に宇多田ヒカルを聞く世代ではないということですね。

そういうことも見越してプロモーション活動を
展開していかないといけないなんて。。
マーケティングの仕事は本当に視野が広くないとだめなんですね。

それにしてもショックです。
今や中高生で宇多田ヒカルを聞いているのは
クラスの中で2~3人、音楽にちょっと詳しい大人びた層である、
というリサーチ結果が出ているようで。。これが時代なんですね。

感想まとめ

Adobe MAX Japanではこの他にも企業ブースや
クリエイターさんの作品展示コーナーなど
楽しめるコンテンツがたくさんあり、勉強になりました。
最後まではいれなかったのですが
夜になるとオリジナルカクテルがふるまわれる
パーティーも催されていたようで。。
来年も行けたらもっとゆっくり楽しみたいと思います!