小説版インシテミル自分的感想&出てくる武器と出典元まとめ

BOOK

タイトル【感想・読後レビュー】ひとことかんそう

こんにちは。chai (@chai_jjjjj) です。
この記事では、「インシテミル」 米澤穂信さんの著書。 2007/8/30刊行。
この本を読んだ感想を綴っていきます。

この本を読んだきっかけ・理由

ミステリー小説の中でもクローズド・サークルと
呼ばれるジャンルがあります。
「嵐の孤島」「吹雪の山荘」など外界との
連絡がとれない状況下で起こる事件のことをさします。
有名なものではアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」など。
本作はそのクローズド・サークルの中でも
人気の高い作品と知り、読んでみることにしました。

どんな本?どんな人にオススメ?

この作品はミステリーが好きな人であれば
ふと既視感を覚えるようなオマージュ的要素がちりばめられています。
そもそも舞台設定も「クローズド・サークル」のお手本のよう。

この物語の主人公である結城理久彦自身もミステリファンとしてキャラ設定されており
それが原因で人間関係が複雑になったり事件が展開していったりします。
単純なストーリーもさることながら、
「ミステリー」というジャンルそのものを俯瞰して見ることもできる、
二度おいしい内容になっているな、と思いました。

あらすじ

とある求人情報誌に載っていた「時給11万2000円」のバイト募集につられた12人の男女。
月給ではなく時給が「11万2000円」です。怪しい。
そのバイト、実は参加者同士で殺し合いをすることが目的で集められたものでした。
いわゆる殺し合いゲームです。
一人一人に武器が配られ(誰が何の武器を与えられたかはお互いに不明)
人を殺せばバイト代が倍増し、その犯人を指摘することでも報酬がもらえる、など
いろいろなルールが課せられます。

ちなみに私がこの作品を読んでいて真っ先に思い浮かんだのは
「ダンガンロンパ」というゲームでした。
密室に数人が閉じ込められ殺し合いが行われる。。
メンバー内で犯人を推理し、その真偽を多数決で決定する。
「インシテミル」では「ガード」とよばれる監視役的セミオートロボットが登場し、
状況に応じて事件現場を掃除したり、
ルールをやぶったものを罰したりしてくれますが、
「ダンガンロンパ」でいう「モノクマ」的存在かな、と。
「ガード」はしゃべったり煽ったりしませんが。
ダンガンロンパシリーズが好きな人はこの小説も楽しめると思います。

12種類の武器と殺し方出典

登場人物の12人の男女、一人ひとりに違う武器が与えられる
というのは前述した通りですが、
その武器にはメモランダム(覚え書きという意味らしい)も一緒についています。

そのメモランダムには武器の解説と使い方、
その武器が登場する有名な作品が紹介されています。
殺人ゲームを盛り上げるため、バイト先のオーナーの配慮で
12種類の武器でそれぞれ違う殺し方ができるようになってるんですね

まだミステリー小説ビギナーの私は
この作中で紹介されている作品たちに興味を持ったので
順に読んでいこうと思いまとめてみました。

登場する武器と推奨される殺し方、および出典元は以下の通り

  • 火かき棒(殴殺)「まだらの紐」コナンドイル
  • 手斧(斬殺)「犬神家の一族」横溝正史
  • ニトロベンゼン(毒殺)「緑のカプセルの謎」ディクスン・カー
  • スリングショット(撃殺)「二の微笑みを持つ女」モーリス・ルブラン
  • マンドリン(撲殺)「Yの悲劇」エラリー・クイーン
  • ニコチン(薬殺)「Xの悲劇」エラリー・クイーン
  • 紐(絞殺)「隅の老人の事件簿」バロネス・オルツイ
  • ボウガン(射殺)「僧正殺人事件」ヴァン・ダイン
  • 空気ピストル(銃殺)「第三の銃弾」カーター・ディクスン
  • 吊り天井のリモコン(圧殺)「白髪鬼」江戸川乱歩
  • 水筒に入った氷のナイフ(刺殺) 「茶の葉」 ジェプスン&ユーステス
  • 爆薬が仕掛けられたゴルフクラブ(爆殺)「好打」ベントリー

〇殺という言葉にこんなにレパートリーがあったなんて知らなかったです。
この中で読んだことがあるのは犬神家くらいでした。

さいごに

ミーハーごころをくすぐられる、いい意味で
エンターテイメント的ミステリーになっており、
胸糞の悪さも自分的に大満足でした。
ちなみに12種類の元ネタをまとめてみましたが
作中ではあまり活躍しなかった武器もあります。
出典元の小説では実際どのように使われているのか。。
今後少しずつ読んでいきたいと思います。

二階堂 武尊 (著)