うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち【感想・レビュー】うつは心の風邪なんかじゃなくて心のガンです

BOOK
こんにちは。chai (@chai_jjjjj) です。

この記事では、「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」田中圭一さんの著書。 2017/1/19刊行。
この本を読んだ感想とレビューをしていきます。

本の特設サイトはこちら https://promo.kadokawa.co.jp/utsunuke/

この本を読もうと思ったきっかけ

私はいわゆる「うつ」という状態になったことはありません。
いや、分かりません。落ち込む気分になることはしょっちゅうあります。
「うつ」ってなんだろう?自分は「うつ」状態ではないと言い切れるのか?
そういえばちゃんと「うつ」について本で読んだことはない。
だけどいきなり難しい本を読むのはちょっと怖い…そんな気持ちでこの本を手に取りました。

どんな本?どんな人にオススメ?

どうして人はうつになるのか?

・うつになってしまったらどうすればいいか?

など、うつから抜け出せた人だからわかる、うつを客観的に見ることの大切さが分かる本です。
実際にうつで苦しんだ人の実体験や、そこからどうやって抜け出したのかというエピソードを
マンガで読むことができる本です。

私がこの本を読んで印象に残ったこと3つ

この本に紹介されている、うつを脱出した人のエピソードから
印象に残った3つを紹介していきます。

つらい出来事の視点を180度変えてみる

あなたをつらくさせているあのこともこのことも…視線を変えたら別の見え方があるかもしれません

本文より引用

とあるうつ病気味のサラリーマンがある日上司にこんなことを言われました
「フラフラしながら仕事するなら休んでくれた方が気が休まる」
自分がうつ気味で働いているときにこんなことを言われたら
ショックでもっと落ち込んでしまいますよね…。

当時はこの言葉に怒り狂ってしまったこの人も、
うつから抜けたあと視点を180度変えると分かったことがあるといいます。
ギリギリで働いているわたしを見て心配と恐怖から言ってくれた言葉だったんだな。
実際この上司もこの後身体を壊してお休みしてしまったようです。
自分が言われて腹が立つ言葉も、言った相手の立場になってみるとその人なりの言い分があるかもしれません。

これは自分に余裕がないと難しい方法だと思います。ですが、それくらい視界を広く持つことも大切ですね。

気持ちが落ち込んだ時は「いまこの時間は自習時間」だと考える

気分が落ちた時
それは「人生の自習時間」なんだと考えて
自習時間にふさわしい「やるべきこと」を見つけておくんです

本文より引用

うつを抜けた後も気温差などのトリガーで気持ちが落ちてしまうことがあるそうです。そんなとき落ち込んで何も出来なかった時間を責めるのは良くないことです。
うつ病そのものをなんとかしようとせず、新しい趣味などで心を埋めて悩みの面積を小さくすることが大切です。

私はこの言葉で救われました。休みの日にも関わらず、あまりブログも触れず、やりたかった勉強も進められませんでした。落書きイラストを描いたり、部屋の掃除で3日を過ごしてしまいました。
ですがこの言葉を読んで、お絵かきや部屋の掃除ができただけで良しとしよう。と考えることができました。

「うつ」を風邪と思わない。「うつ」はガンである。

うつは心のガンだ

本文より引用

よくうつは心の風邪だ、と例えられますが、この本は、
そんななまやさしいもんじゃない、と訴えています。
自殺とは心のガンの症状のひとつ、その人の心の寿命であると考えるべき。
その理由は二つあります。

  1. 風邪だと軽く見られがち。ガンなら何がなんでも休みをとるべきだから。
  2. 自殺で死んでしまったら周りの人が自分を責めてしまうから。

風邪ではなくガンであると考える。

うつ病は本人以外には理解されにくい本当に難しい病気だと思います。風邪、と例えて簡単に考えず、治すためにゆっくり休む。基本的なことですが、大切な考え方だと思いました。「心の寿命」という言葉が重く感じられました。

さいごに

わたしはうつになったことは、今のところありません。ですが職場には人間関係で疲れてしまい長期のお休みをとっている人が何人かいます。自分が同じ環境に置かれたら自分もうつ病になってしまうんじゃないか、と考えることがあります。

漠然と怖いイメージのうつ病ですが、マンガタッチで書かれたこの本のおかげで、うつと向き合う方法や抜け出すための考え方が分かり、少し楽な気持ちになりました。

うつ病になったことがある人もそうでない人にも優しく手を差し伸べてくれるような内容でした。