【2017東京】文房具好き必見!文具女子博に行って来ました!

LEISURE

2017年12月15日〜17日 東京流通センター 第二展示場で行われた
文具女子博というイベントに行って来ました。

文具女子博とは

主に文房具や雑貨類を扱う企業80社以上が出店し、
女性をターゲットとした文具が約2万5,000点ほど展示され
しかもその場で購入できるという、ありそうでなかった文房具好きの夢の祭典です。
(女子博と銘打っていますがもちろん男性も入れます。)

展示販売だけでなくマスキングテープビュッフェ
ペーパーバイキングdeオリジナルノートなんていう
言葉だけでもワクワクするようなコーナーも設けられていました。
文房具の具材を実際に手にとって、
自分だけのオリジナルグッズがつくれてしまうんですね。

まさに文房具好きにはたまらない空間です。

会場の様子

私は三日目のお昼ごろから行ったのですが、まぁすごい人でした。
入場料を払って専用の買い物袋をもらい、
企業のブースを回って商品を袋に入れて最後にお会計という流れなのですが
再入場ができないためお客さんの回転が悪く
なかなか商品が落ち着いて見れないという…(^_^;)

文房具なんかは特にゆっくり柄や使い方を見極めて
吟味したい気持ちがあるので
お客さんが溜まりに溜まってすごい人混みでした。
時間帯によっては入場規制も設けられたみたいですが会場が狭く感じましたね。
この辺りは来年も開催するのであれば改善してもらえたらな〜と思いました。

しかしながら文房具の祭典ということで
各所に文房具のオブジェが飾ってあったり
各社のブースも特色があって可愛く飾り付けされていたりして
テンション爆上がりでした。

お気に入り雑貨メーカー3選

特に私が気に入っている文房具のメーカー・ブランドを3つご紹介します。

  1. GreenFlash「真夜中の雑貨店」シリーズGreenFlashという会社は主にステーショナリーの製造企画販売をしているところですが、
    コンセプトによってブランドが分かれており、その中でも私はこの「真夜中の雑貨店」シリーズが
    大好きです。真夜中〜と名前に入っているだけあってシックで落ち着いた色合いのグッズや
    モチーフにフクロウやハリネズミが使われているところがツボすぎます。。!
  2. 九ポ堂「雲の上郵便局」 シリーズ九ポ堂は活版印刷をいう印刷技術を用いてグッスを制作販売している会社さんです。
    扱うグッズはどこかレトロで、星や植物が好きな人にはたまらない雰囲気だと思います。
    その中でも「雲の上郵便局」シリーズは、もし空にもうひとつ街があったら?みたいなテーマで
    可愛らしいお店や職業が絵葉書やマスキングテープになっています。
  3. DULTON ステーショナリーDULTON(ダルトン)はインテリアのメーカーで、実店舗もいくつかあるようです。
    私はこのイベントで初めて知ったのですが、一昔前のアメリカンチックなグッズや
    動物モチーフのステーショナリーに心を奪われました。人と同じものがイヤ!という
    個性的な文具が好みの方にとてもおすすめです。私はフクロウのブックマーカーを買いました!

感想まとめ

シールやマスキングテープ、ノートにペンに付箋。。
普段ロフトやハンズの文房具コーナーでは見れない数の文房具が並び
実際に手にとってすぐにその場で買える。。文房具好きにはたまらないイベントでした。
お客さんもみんな口を揃えて可愛い可愛いと言っていて、夢中になっていました笑
あとは人の流れやブースの混み具合を考えた配置にしてもらえれば、もっとよかったかな。
大盛況に終わったイベントだと思うので、また来年もやって欲しいです!