YasutakaNakata presents OTONOKO 2017 感想レポ

石川県金沢市石川産業展示館にて開催された
YasutakaNakata presents OTONOKO 2017という
音楽フェスに行ってきました。

OTONOKOとは?

中田ヤスタカの故郷である石川県金沢市を舞台に開催された音楽フェスです。
2017年は2度目の開催。
お目当てはPefumeでしたが知らなかったアーティストの
プレイも楽しめてこれぞフェス!という感じでした。

会場の雰囲気・注意点

今回会場までの往復バスのチケットも
含まれたツアーを申し込んだのですが、色々と苦労しました。

というのも私は現地に着いたら金沢駅まで戻って
少し観光するつもりだったのですが
ツアーのバスで降ろされたのは会場・石川県産業展示館のど真ん前。
会場から普通の路上バスへのバス停がありえないくらい遠い。。
私は迷って結局40分くらい彷徨っていました。しかも極寒

結局会場近くのお風呂施設「金沢サロメ」最寄りの
松島北というバス停を使うの
が一番近かったです。

駐車場を突っ切れたのでだいたい徒歩10分くらいでしょうか。
ちなみに会場から金沢駅までは路線バスでも30分。
もし次行く機会があれば覚えておきたいです。。
本当に石川県産業展示館の周りには何もないので注意です。

アーティストさんの紹介と感想

C&K

今回いろんな意味で印象に残った
男性二人組のシンガーソングライター。
出てきた最初の印象は、チャラい。。
白スーツの衣装だったのでそちらの筋の方かと。。
でもMCは芸人さんみたいにおもしろく、曲も
レゲエのような会場みんなで踊り狂うものから
しっとりしたバラードまで。

ある曲でサークルモッシュが目の前で発生して
気絶しそうになりました。
とっさに逃げましたが…怖い笑。

Perfume

セトリはこんな感じ!

①GLITTER
②FLASH
③FAKE IT
④PTAのコーナー
チーム分けは「ナ」「カ」「タ」
⑤TOKYO GIRL
⑥FUSION(途中ヤスタカさんがDJで合流するサプライズ!)

Prefumeとヤスタカさんが同じステージにたつのは
タッグを組んで15年の間でこのイベントが初だったとのことです。

ヤスタカさんが操る音に合わせて
生で踊る三人の姿はとても贅沢な光景でした。
参加できて良かった~!

中田ヤスタカ

トリを飾るのはもちろん我らが神 中田ヤスタカご本人。
米津さんとのコラボ曲「NANIMONO」が流れたときは
もう涙が止りませんでした…!

「If you wanna」ではまさかのPerfumeサプライズ再登場!
ラストは「Starry Sky」でこちらもCAPSULEのボーカル
こしじまとしこちゃんが再登場して歌い上げてくれました。
紙吹雪やレーザーの光がとびかって美しい会場でした。

感想まとめ

実は私フェス自体が始めてで、知らないアーティストさんのときって
どう過ごして良いか分からなかったのですが
今回はどのアーティストさんも楽しくて飽きることが無く
会場全体がディスコのような雰囲気でみんな好き勝手踊っていたので笑
私も最後には周りを気にせず手をあげたり声をあげたり
好きに楽しむことができました。

音に合わせて騒ぐのってこんなに楽しいんだな~と
再確認できたイベントでした。また行きたいです!