人生初サンリオピューロランドが楽しすぎた!おすすめの3大パレード&ステージ

LEISURE

初めてピューロランドに行ってきました。
某ネズミーランドと比べるとどうしても
子供しか楽しめない場所のようなイメージがあったんですが、
とんでもなかったです。
入場料もお手頃だし、場所も新宿から乗り換えなしで40分くらいで行けて
正直一回では時間が足りないくらい満喫してしまいました。

ピューロランドにはいわゆるアトラクションという感じの乗り物は
ほとんどないのですが、その代わりパレードやステージが豊富に催されています。
今回はその中でも有名な三つのタイトルを紹介します!

ピューロランドの個人的3大パレード&ステージ 

ミラクルギフトパレード

通称MGP。
2015年で25周年を迎えたピューロランドをお祝いする
華やかで見逃せないパレードです。

みなさんもどこかで「ピューロー♪ピューロ♪」のフレーズを
聞いたことがあると思います。実際に聞くと感動しますね。

サンリオのほぼ全キャラクターが登場して夢のような世界が目の前に広がります。
専用のペンライト(別売り)を買えば連動して色が変わって光ります。
ペンライト(別売り)がなくても一緒に振り付けするパートがあるので
会場の一体感も生まれて最高です!!

ただ華やかなだけでなく、途中悪役が現れたりして
お話の展開も感動できる内容になっています。
ピューロランドに来たらこれは絶対はずせません。
良い席で見るには別売りのパスが必要ですが、その価値はあります。
特に好きなキャラクターがいる場合は
目の前で止まってくれるポジションをチェックすれば、
運が良ければハイタッチなどのファンサービスをしてくれるようです!

ちなみに私の推しキャラは小学校の頃にはまっていたポチャッコです。

ちっちゃな英雄(ヒーロー)

ピューロランドの中では特殊なステージと言えるこの作品。
出てくるのはマイメロディと「ねずみ男子」と呼ばれる
若手俳優演じるねずみのキャラクター。

ねずみ男子は5匹のキャラクターがいて、それぞれが個性豊かで
みんな可愛くてキラキラしています。

主人公のジョージは仲間想いで元気いっぱいのねずみ。
いつも他のねずみより出遅れがちなブックスに
食べ物を分けてあげたり思いやりがあってみんなの人気者です。

しかしそれを妬んだジェラルドというライバルねずみの策略によって、
住処を追い出されてしまいます。

追い出された先の森ではロベルトやハンスというねずみと出会いますが
ここでもまたある事件が。。

とにかくこの「ねずみ男子」の演技が爽やかで初々しくて可愛いです。
キャストさんはチーム制で分かれていて俳優さんも回によって違うので
お目当ての俳優さんがいるファンはチェックが欠かせませんし、
座席の選択は争奪戦になります!
1日数回やっているので違う目線からも見たい場合は
何度も並ぶことができます。

オススメは客席真ん中あたりにあるソファ席
四人掛けくらいでテーブルがあるのでゆったり見られますし、
少し高い位置に設置してあるので視界も良好です。

<追記>
このショーは2018年5月27日(日)にて幕を閉じてしまいました。

不思議の国のハローキティ

あの有名なお話、アリスインワンダーランドの主役をキティちゃんが演じます。
お話もオリジナルでハラハラドキドキするようなストーリー、
とてもにぎやかで楽しいステージです。
並んで着席するスタイルなので体の負担も少なく、
誰でも良い席で楽しめる仕様になっています。

ステージは二部構成になっており、一部のアリスパートはミュージカル、
二部はなんと宝塚チックな演出で、きらびやかな衣装を着たキャラクターたちが
シャンシャンを持ちながら階段を降りてきます。
登場した時はきちんと拍手をするなど、マナーも求められます笑!

キティちゃんだけでなく妹のミミィやお父さんお母さん、
Puro D★Eと呼ばれるピューロランドのダンサーさんもたくさん出演しています。

正直これだけで別料金をとってもいいくらい
完成度が高いしっかりしたステージだと思います。
こちらも回によってキャストさんが変わるなど通いたくなる要素が満載です。

感想まとめ

以上で初ピューロランドの感想を終わりますが、
また近いうちにもう一回行きたいくらいの中毒性です。
キャラクターが可愛いのはもちろん、キャストさんのダンスや演技の完成度、
室内でいつでも快適に楽しめるレジャー施設であり
25年以上も続いていることに納得でした。
また行った際には感想など綴りますね。