【12月】初心者の登山!筑波山に行ってきました【無雪】

LEISURE

こんにちは。chai (@chai_jjjjj) です。

最近私は登山にはまっています。
これまでも何度か近くの低山に上っていたのですが
今回は茨城県つくば市にある筑波山に行ってきました。

通年であれば紅葉はもう終わる時期ですが
今年2018年は近年まれにみる酷暑であり
まだ紅葉も落ち切ってないとの情報。
都内からの手軽な行き方と登ったコース、
12月上旬の紅葉や山頂の様子などまとめていきたいと思います。

筑波山ってどんな山?

山にそれほど興味のない人でも「筑波山(つくばさん)」の
名前自体は聞いたことがあると思います。
茨城県つくば市に位置し、
西側の「男体山(なんたいさん)」東側の「女体山(にょたいさん)」を
二つセットで「筑波山」と呼びます。
標高は877m。高尾山が599mほどなので
高尾山よりは少し大きいですね。
山が二つセットで一つの山というのもポイントです。

ふもとには筑波山神社があり、私が行った日には
結婚式や七五三の参拝客で賑わっていました。

筑波山への行き方は?都内からのベストな方法

筑波山の登山口近くへは、車で行くのがベストです。
自家用車がない場合はつくばエクスプレスで「つくば駅」または
常磐線で「土浦駅」から路線バスやシャトルバスが出ています。

山頂まで手っ取り早くロープウェイで登りたい!
という人はシャトルバスの「つつじが丘」
山道もしっかり歩いて自然を楽しみたい!
という人は「筑波山神社入り口」のバス停で降りるといいと思います。

山頂までのコースは?登りと下りにかかる時間は?

筑波山には男体山と女体山があり、まずどちらをメインにするか
登る場所も変わります。

今回私は女体山を目指す白雲橋コースから登りました。
白雲橋コースは険し過ぎず、
かといって適度な休憩が必要な岩場や急登もある登りでした。
途中お社や変わった形の岩もあって観光としても楽しかったです!

大体登りは2時間くらいで山頂につけます。
ただしれっきとした山道ですので装備は低山用にウェアやザックなど
きちんと揃えて行くのがおすすめです。

下りはケーブルカーを使って8分ほどで降りてきてしまいました。
足で下る場合は1時間ほどで降りられるようです。

12月の筑波山に行くには服装や靴はどうしたらいいか?

行ってみて一番感じたのは、「筑波山は、ちゃんと山だ」ということでした。
確かに上りも下りもロープウェイやケーブルカーを使えますが、
登った先で景色を楽しんだり売店に行ったりすると思いますが、
道は完全には塗装されていません。
間違いなくスニーカーをおすすめします。

ローファーや革靴でもいいかもしれませんが
砂利道や泥濘があってもおかしくないので
ある程度汚れてもいい靴がいいです。
服装も、動きやすい服をお勧めします。

また、標高が877mあり平地に比べると体感温度は5度ほど下がります。
私が行った日は12月でも最高気温15度くらいで
暖かい日でしたが山頂付近は風があり、ダウンジャケットでも寒いくらいでした。

メジャーなスポットとはいえ山であることを忘れずに
服装には気を付けて行った方がいいと思われます。

まとめ・12月の筑波山は…

・自力で登る方はきちんとした山登りの恰好、
ロープウェイなどを利用する人も寒さ対策はきちんとする!

・その年の夏が暑かったなど、
時期が長引いている場合は紅葉も少し楽しめる!

今回足の疲れがあってケーブルカーで
帰ってきてしまいましたが、
次は違うコースでも行ってみたいと思いました。
そのときはまたブログにまとめたいと思います。